スタンドバナーの色彩

色彩の使い分けでスタンドバナーの効果をアップ

スタンドバナーは数ある看板の中でもそのお店がもっと注目してほしいことを伝えることができる手段としてとても重宝されている看板の一つです。
スタンドバナーを作成を依頼するときは自分でデザインを考える必要があります。より効果的なデザインを作成するコツを学んでおきましょう。

色彩について

スタンドバナーは主に店の中や街中に立てるものですから、道行く人に実際に見てもらうための看板です。
スタンドバナーが優れている点はちいさなスペースで大きな宣伝効果があると言おうことです。スタンドを自立させるための骨組みは必要最小限にとどめられています。そしてスタンドバナーの前面はすべて広告材料として使用が可能なので、大胆なデザインを取り入れることも可能です。
せっかくですから人の目に留まるような個性的なバナースタンドにしたいですよね。合うぐれたバナースタンドを作成するためのこつはいろいろとありますが、ここでは色彩についてもう少し詳しく解説していくことにしましょう。実は色彩については理解しておかないと思わぬトラブルが発生してしまう制約があるのです。

実は色彩には制約がある

印刷業やデザインに携わる仕事をしている人は一度は経験があることなのですが、車体広告などに関しては使用する色はどんな色でもよいという言うわけではなく、定められた制約をクリアしないと使用することができなくなっているのです。
これをマンセル値と呼んでいます。広告の色彩はすべてこのマンセル値の制約をクリアしたものが使用されているのです。これはもちろんスタンドバナーでデザインをするときにも適用されます。
特に近年日本では観光に力を入れているということもあって、景観を重視しようという動きが強くなってきています。マンセル値はこういった景観に自然に溶け込んだデザインのものを設置するためにも必要な制約だといえます。

マンセル値はどうやって調べるのか

ですから、スタンドバナーをデザインするときにどんな色を使うかを考える際には極力マンセル値に引っかからないような色を選択する必要があるのです。
でないと、せっかくデザインしたものが色彩の変更によって希望するイメージを全く違った印象を与えるものになってしまう可能性があります。
では、マンセル値はどのようにして調べればよいのでしょうか。最近ではスタンドバナーのデザインをする場合、ほとんどの人がパソコンで作業すると思います。
実は普段作業しているパソコンのソフトで簡単にマンセル値の制約の範囲内かどうかを調べることが可能なのです。デザイン用のソフトではDICカラーを調べることができ、色ごとに固有のナンバーがついています。
そして、そのガイドナンバーを利用してマンセル値を調べることができるのです。